珠算教室

教育一般編

勉強しよう!コロナ禍で感じたこと。

「将来役に立ちそうもない勉強をなぜするのか?」考えることは脳のトレーニングです。誰が真実を言っているかを見極めるためには、知識が必要です。知識を蓄えるためには、精神力が必要です。難しい文書を読んだり、データーを解析したりする必要もあります。勉強でトレーニングをした人にしか出来ない技です。
珠算編

早稲田実業学校珠算部 存続の署名のお願い

珠算の良さが再認識され珠算人口が増えてほしいと思っています。今の珠算の活動を消さないために、是非署名にご協力いただけたら。よろしくお願いいたします。
珠算編

九九のカードを作りました。

ご存じですか?子供たちの握力が下がり続けていることを。指は「第2の脳」と言われるほど脳との結びつきが強いのです。小さいうちから指をたくさん動かすことによって脳の力をアップしたいですね!
珠算編

つい感情的に怒ってしまい、大反省中。

生徒さんを、つい、大声で起こってしまいました。しかも、呼び捨てで…。感情的に怒るのはメリットがあまりありません。ですが、今回は、目に入ったとたん、声が出てしまいました…。反省しきりです。
珠算編

答えを写すことは、全くもって、時間の無駄。勉強への姿勢の問題。

「答えを写す。」何のためにもならないことを子どもはしてしまいます。ですが、それは子どもだけではありません。幼少期に「誘惑に負けて自分のためにならないことをしない。」という精神力をつけるように指導をしています。
珠算編

答え合わせの仕方あってますか?

答え合わせの時、間違った問題のところに赤で正解を書き込んでいませんか?それは何の役にも立ちません!いますぐやめましょう!間違った問題はしっかり解きなおしをしましょう!
珠算編

家庭教師並み。そろばんマンツーマン1人授業

生徒さんの振替授業で「1人授業&課題が終わるまで帰れません」をしました。残念ながら、すべての課題を終わらせることは出来ませんでした。それは「勉強に対する姿勢」ができていないからです。それは自然につくものではないです。外からの働きかけが必要です。
日常編

全国そろばんコンクール決勝大会に参加してきました。

コロナ禍で大会がリモートになって参加要件を満たせず、参加できないかと思っていた全国そろばんコンクール決勝大会に株式会社イシドさんのご厚意で参加することができました。今回が最後の大会になってしまう生徒もいたのでいい思い出になったと思います。
珠算編

嘘はあかんよ。すぐばれるよ。

当教室に来てくださっているのは小学生と中学生。今回の嘘は怒られたくないからついた嘘。算盤を通じて鍛えてもらいたいものは沢山ありますが、自制心もその一つ。 悪いことをしたとき、ミスをしたときは怒られることを恐れず正直に言いましょう。