全国そろばんコンクール決勝大会に参加することが出来そうです。

日常編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国そろばんコンクール決勝大会とは?

全国そろばんコンクール決勝大会は、全国珠算連盟が主催して行われる大会で、今年で6回目になります。毎年幕張メッセで開催されていましたが、昨年はコロナの影響で中止となりました。

全国珠算連盟に加入している教場の生徒で、かつ、2021年の2月に全国そろばんコンクールを受け、一定以上の成績を残した中学生までの生徒が参加できます。
また、また全国珠算連盟の推薦を受けた方も参加できるようですが、推薦を貰うのは大変かもしれません。

コロナの渦中なので、参加を悩みました。

未だコロナ禍が続いておりますが、今年は大会を開催するという事でした。
が、正直なところ、幕張メッセまで行くのも不安だし、参加しようかやめようか悩んでおりました。

しかし、あと数か月で卒業をしてしまう生徒さんもいるので参加しようと腹を決め、参加者を募りました。その結果3名の生徒さんが参加すると手を挙げてくれました。

オンライン開催に変更になりました。

しかし、2021年4月、東京に3回目の「緊急事態宣言」が発令され、幕張メッセのある千葉県にも「まん延防止等重点処置」が発令されました。

今回の「全国そろばんコンクール決勝大会」は全国各地から参加者がこられます。
やっぱり、「大会は中止かなー。」と思っていたら、オンライン開催に変更されました。

オンライン開催に変更となり悩みました。

オンライン開催に参加するには、各団体でサテライト会場を準備する必要があると連絡がありました。

そうなのか…。

1人講師なので、試験監督しながら電話を受けることは出来ない…。
誰かにお願いしようかなとも思いましたが、つてはありません。
また電話がかかってくるときはトラブルのときなので、ちょっと難しいかな…。
謝礼も必要になりますし、厳しいと感じました。

教室で使えるPCは1つしかありませんが、作業内容を考えると2つは必要です。
スピーカー等も持っていないので、新しく購入しなくてはいけません。

それに現時点で最小参加人数の要件も満たしていませんでした。


今回が大会が最後の生徒さんもいますが参加は厳しいと判断、参加辞退とすることにしました。
連盟から返金はない可能性が高いので、当教室から生徒さんには返金しないといけないけど、それは教室の都合なので仕方ない…。

温かいお申し出を頂きました。

しばらくして、全国珠算連盟の方から連絡がありました。
合同で開催する場合は自分たちで相手を探すように記載されていたので、連盟に相談せずに参加を諦めていました。
ですが、どこかの教室で大会に参加させていただけそうです!
ありがとうございます。