答え合わせの仕方あってますか?

まちがいよったまい教育論
スポンサーリンク

間違った問題の正答を赤で書き込むのはNGです!

先日、体験で来てくださったお子様がいました。

少し年齢の上のお子様だったんで、九九の100問問題を解いてもらいました。
100問計算ダウンロードから無料でダウンロードできますので、是非やってみてください。

自己採点もしてもらいました。
見ていると丸つけをしている赤ペンで、間違えた問題の答えをそのまま写してました…。

でも、その子だけではないのです、再計算をせずに答えを書き込んでいるお子様は…。
実は教室に通っていた生徒さんでも居たんです。

その生徒さんは少し大きくなってから入ってきてくれた生徒さんでした。
初めて見た時はかなり衝撃を受けました…。

その方法は学校で教えられたのかしら?

解きなおしはきちんとするように伝えました。

スポンサーリンク

勉強とは何か…。

勉強とは、「出来ないこと」を「出来るようにすること」です。

100問計算を始め、演習をするのは何のためでしょう?

問題を解くのは自分がどこで間違えたのかを把握するためです。

つまり、問題を解くのは勉強ではないんです!

そのあとの解きなおしをして、それが間違わずにスラスラ正解になるようになって初めて勉強したということになるんです。

なので、間違えた問題を解きなおしもせず、答えを写して書いてしまうのはもったいない!
そういう事をしていると、いつまでたっても出来ない問題は出来ないままです。

スポンサーリンク

間違えた問題は解きなおしをして青で丸を!

体験で来てくれたお子さんには、必ず解きなおしてそのことをお伝えしました。
今後の勉強に役立ててくれると嬉しいです。

当教室では、間違えた問題は必ず答えが合うまで解きなおしをして、出来上がったら青で丸をします。

間違い直しはしっかりとしましょう!

MAG タイマー ベンガ君(ホワイト) TM-604-WH【納期目安:1週間】
激安!家電のタンタンショップ
¥ 1,059(2021/04/16 16:34時点)