かわうそ?くろてん?フィレット?を助けた話

胴が長くて足が短い日常編
スポンサーリンク

何かが飛び出してきた!

平日の昼下がり、のどかな農道をゆっくり車で走行しておりました。

胴体の細長くて足の短い小動物が、右から出てきて左に横切っていきました。

「おっ?野生フィレットかな?」と思ってみていると、もう1匹出てきました。

最初の1匹目が道を渡り終えたころ、2匹目はちょうど道の中央付近。

徐行しながら対向車が通り過ぎて行きました。

スポンサーリンク

戻ってこないで…。

すると2匹目の胴体の細長くて足の短い小動物がおじけづいたのか、右側にUターン。

ええっ!轢きたくないっす!

車を見てか、道の中央付近で立ち往生…。

ハサードを出して右によると、ますます小動物、近づいてきた!

仕方がないので、車の外に出ました。

スポンサーリンク

小動物がむっちゃ話しかけてくる…。

すると、牙をむき出しにしながら、むっちゃ話しかけてきます!

「向こうに行こうとしたら車きた!なんとかしてくれ!」って言ってるみたい(笑)。

1匹目は、たぶん親。
口に何かを加えていたけど、子供だったのかな?

2匹目は、1匹めより、ちょっと小さいから、この子もたぶん子供だよね?

幼鳥なんかは人間の匂いがついていると子育てしないというし、触らない方が良いのかなと思って、両手を広げてその小動物を追い立ててみたけど、動きやしない。

ますます、話しかけてきます。

スポンサーリンク

首をもって移動。面白いほどおとなしくなる。

仕方ないなと持ち上げることにした。

噛まれたら困るので、どこを持てばいいのかなと考えた。
やっぱ、首だよね。

首を持つと大人しくなった。

スポンサーリンク

さようなら!元気でね。

近くの草むらに離せばいいかと、思わず道の右側の草むらに行きかける。

駄目だよね、1匹目は道の左に行ってるんだもの。
また横断しようとするよね。

左の草むらに行って、さっきの1匹目を探す。
でもわからない。

そしたら急に2匹目が暴れだした。

慌てて手を放す。

元気に草むらの中に消えていきました。

スポンサーリンク

一件落着

振り返ると後続の車が待っててくれました。
たぶん、私が何をしていたか見ていてくれたようです。

その車たちに先に行ってもらいました。

反対車線の後から来た車は、「なにやってんだ、この人?」って感じで一瞥くれながら走ってきましたが。

まぁ、一日一善。

命が無駄にならなくて良かったです。